あら、おー!新発見ツアー「秋の荒尾干潟を五感で楽しもう」

ご無沙汰しております。今回レポートを担当する馬場です。

遅くなってしまいましたが、10月28日(土)に開催された

あら・おー!新発見ツアー“秋の荒尾干潟を五感で楽しもう”

のツアーレポートを報告します!

 

その日は朝から少し雨模様でしたが、集合場所の荒尾漁協に

13名の方々が来てくださいました。

案内人・本田の挨拶でスタートです。

スタート

最初に向かったのは、目の前の荒尾干潟。みんな長靴に履き替えて出発です!

干潟へ出発①

干潟へ出発②

干潟では、案内人・林がガイドをしました。

実は、ガタリンピックで全国的にも有名な佐賀県鹿島市の干潟はぬかるんで歩くことができません。

でも、ここ荒尾干潟は歩くことができるんです。しかも自転車やトラックだって通れます。

荒尾に住んでいても、なかなか干潟を歩くことはありません。

なので、皆さんとてもワクワクドキドキしながら、干潟の中へ入っていきました。

干潟①

干潟②

スタート時に渡した「生きものハンドブック」を見ながら、「これは何かな?」と調べてる人も。

「海の中歩くの初めて!!」「わあ~満ちてきている!!!」などなど

皆さん、思い思いに干潟ウォークを楽しみ、そして干潟の一番先まで歩いて戻ってきました。

干潟③

干潟⑤

干潟④

次は...陸へと戻り、孫文記念館跡に向かうため狭い道を通ります。

実は、国道389号線と思っていたのは県道126号線で、この細い道が国道389号線だったそうです。

国道389

国道と県道

さて、続いては孫文記念館跡。

ここからのガイドは案内人・福山さんです。

昭和4年に、中国の援助を受けて建てられた記念館でしたが、その後、台風被害などに遭い

最後には取り壊されてしまいました。ここで少し雨が降ってきました。

孫文記念館①

孫文記念館1

さて、次は西日本集成材さんの許可をいただき敷地内にお邪魔しました。

JRの線路のすぐ脇にある、東京陸軍第二造幣局荒尾工場があった時代に造られた

排水の溜めますを見に行きました。

火薬工場からの排水(黄色い水だったそうです)の中には硫酸が含まれていたため、

溜めますでいったん受けて、さらにプールのようなものが2つあり、そこで中和させて

海に流すという仕組みだったようです。

そして、そのプールは今はもう跡形もないのですが、近所の70歳代の方に訊くと、

50mと20mのと2つあって、排水を中和する役割を終えた後、地元の子どもたちが

泳ぐプールとして活用されていたそうです。

溜めます①

溜めます②

さて、次はまた海の近くに戻り、潮湯に向かいます。

潮湯は60歳以上の方しか利用できないそうです。料金は100円ととてもリーズナブル。

潮湯帰りの皆さんのお顔がとてもツヤツヤだったのを私は見逃しませんでした。

「中はどんななのかなあ・・・」気になる参加者はお風呂の中も見せてもらいました。

皆さん気持ちよく、お湯につかってらっしゃいました。

潮湯

さて、この後は海沿いを歩いてスタートの漁協に戻ります。

ここからは、案内人・本田に交代です。

波打ち際には、渡り鳥たちが羽を休めていたり、浜には「ハマゴウ」という植物も茂っていました。

薄紫色の花が咲く頃は、とても美しいそうです。

海沿いに戻る①

海沿いに戻る②

ハマゴウ

そんな、海沿いを戻る途中で、ある生きものを発見。

早速、参加者の方が「生きものハンドブック」で調べていました。

「はあ~、カニはこがんところも横歩きで登るとね~。知らんかった~。」と驚かれていました。

海の近くを歩いただけでいろいろと発見がありますね。

海辺の生き物

さて、歩いて戻る道中に、昔ウバ貝を焼いて貝灰をつくっていた貝焼き場の煙突が残っおり少し説明がありました。

今は樹木が茂っていて見えにくいのですが、真ん中のグレーのが煙突です。

貝灰は漆喰に使われていたそうで、畑の肥料にも使われていたとのことです。

ガイドの本田さんが海沿いの畑の土が真っ白だったので不思議に思って訊いてみたら、それが貝灰だったということでした。

貝を焼いた灰まで活用するとは、昔の人の知恵ってすごいなあと思いました。

貝焼き場

貝焼き場(樹木)

さて、ゴールの漁協に帰ってきました。ここで最後のお楽しみです。

荒尾漁協の荷捌所をお借りして、「マジャクドッグ」づくりです。

自分たちでマジャクの天ぷらや野菜を米粉パンに挟んで食べました。

初めてのマジャクという方もいらっしゃいましたが、おいしそうに食べていらっしゃいました。

雨の中のウォーキングでお腹もすいていたので、余計においしかったのかも。

マジャクドッグ①

マジャクドック②

マジャクドック③

といったわけで、雨の中ではありましたがご参加くださった13名の方々本当にありがとうございました。

 

11月は“万田坑の周辺散策”ツアー。

万田坑の周辺の町並みを歩くことで、いろんなことを発見できるコースです。

12月はお休みして

1月は“西原町周辺散策”です。にしばるさんでおなじみの西原大神宮もあり普段はなかなか行かない場所も

コースに入ってます。

ぜひ、今後も “あら・おー新発見ツアー” で皆様と会いできるのを案内人一同楽しみに待ってます!!

 

事務局 馬場