エポック・荒尾主催 「有明海岸散策&豆ちぎりハイキング」でご案内をしました!

1494316484260

こんにちは。案内人 本田です。
今回は、4月24日(月)エポック・荒尾主催の「有明海岸散策&豆ちぎりハイキング」に講師として、案内人 平木と林、レポート担当として本田が参加しました。

エポック・荒尾とは、荒尾市中央公民館の北側にあり、中山美栄子氏を館長に、市内外約500名もの方が所属される42の講座を開催し、健康・特技・趣味等の活動に取り組んでいらっしゃる施設です。

1494316028514

この日は天気も良く絶好のハイキング日和、春の潮風にあたりながら館長のあいさつで始まりました。
コースは 有明海松並木⇒蔵満海岸⇒竜宮さん⇒海達公子30号詩碑⇒一部六地蔵⇒猫宮
豆ちぎりは寒さの影響でおあずけとなりました。

まずは「日本の白砂青松100選」に登録されている松並木を歩きました。松ぼっくりを拾ったり、童謡の「松ぼっくり」のコーラスが流れたりと、春の陽気で参加者の足取りも弾みます。

14943168901691494316887753

そして、ラムサール条約湿地に登録された蔵満海岸で一休み。干潟の説明の後、案内人 平木と林のデュエットが始まります!(写真がなくて残念です)

「干潟のあしたへ」Ⅱ♪  
ながれる風に波がさざめき  浅瀬の水に子ガニが群れる
ここは干潟よ荒尾の干潟   きょうも渡り鳥の声がする

潮の引き始めた海岸を、渡り鳥が餌を求めて飛び交う風景や、荒尾の海岸ならではの貝がらの道を子どものようにはしゃぎ回る・・・いつまでも、いつまでも残したい風景ですね!

14943169675281494316965237
次は、海達公子(かいたつ きみこ)の生誕100周年を記念して、昨年建立された30号詩碑「濱邉」に向かいました。
公子さんと同級生だった故棚橋芳子さんが、平成28年8月23日に建立された詩碑です。
ご遺族の方から、特別に写真もお借りして見せていただきました。若き日の芳子さんと公子さんが写ってらっしゃいます。すばらしい友情ですね。

14943164758611494317106707

次は、荒尾の最南端にある「一部六地蔵」に行きました。
死後に行くあの世を六面体に彫られているそうです。
道案内としての道しるべ、人生の道しるべを思う場所ですね。

1494316332690

最後は、猫宮です。
日本広しと言えど、地名に「猫宮」と付いているのは、ここだけのようです。
言い伝えを紙芝居仕立てにして、案内人 林と平木が迫真の演技で語る姿は、皆さんに大好評でした。(これも写真がなくて残念です)

さて、昼食は、エポック・荒尾に戻り、おいしいおもてなしをいただきました。エポック・荒尾の皆さん、お心遣いありがとうございました。

1494317111717

最後に、まち案内人の定期ツアー「あら、おー!新発見ツアー」の案内をさせていただき、無事終了となりました。
ご参加いただきましたお客さま、ありがとうございました。ぜひ、またお会いしましょう!